« 2008年3月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年7月の記事

青い風が今胸のドアを叩いても

テニスコートを去った12月。
それから早くも半年以上。
 
 
焦焦焦焦焦   不安不安不安不安
焦焦焦焦焦   不安不安不安不安
焦焦焦焦焦   不安不安不安不安
焦焦焦焦焦   不安不安不安不安
焦焦焦焦焦 × 不安不安不安不安 =受験生
 
 
とまぁ、受験生です。
滅茶苦茶焦ってるし不安なんですが
頭でそう思っても身体がついてくるかどうかは別問題。
常に睡眠を欲しています。
 
 
それはひとまず置いといて、
かなーーーーーーりお久しぶりの更新です。
 
 
 
 
 
・・・はい、そうです。現実逃避です。
 
 
 
 
 
━━今回はテニス部の「追い出し会」についての出来事━━
 
 
先日テニス部の文化祭においての大仕事である“食堂パート”
という労働基準法に抵触するんじゃないかという勢いの
大雑用も終え、ついにテニス部完全引退!!というわけなんですが
 
6月29日にテニス部の「追い出し会」がありました。
 
「追い出し会」とは簡単に言ってしまえば
後輩から先輩への“今までお疲れ様でした&ありがとうございました”
という意味での打ち上げみたいなものです。
 
 
 
要するに“後輩の金を巻き上げてタダ食い”ということです☆
 
 
それは藤沢の『牛角』で行われました。
焼き肉です。
焼き肉です!!
焼き肉です!!!
 
自分の金じゃないと思うと、とっても美味しく食べれますww
(まぁ去年私たちも先輩に向けて同じことをしましたが)
 
 
 
   「牛タンうめぇww」
 「ヒロト!スペース空いたらさっさと焼け!!」
  「俺食ってないよぉ」
     「生っぽいけど大丈夫だよね・・・?」
「このカルビ俺のだからなっ」
    「スキあり!!」
     「あ、それ食べかけだからww」
    「食べかけ網に戻すなw」
 
 
 
定番の醜い争いです。
だから世界から戦争がなくならn(略 
 


(所狭しとギッシリ敷き詰められたお肉↑)

食べ放題ではなくコースメニューだったのでちょっともの足りませんでしたが
大満足でした。
 
 
 
 
 
次にカラオケ。
どうやら混んでいたようで
とりあえず小部屋が空くまで待機ということで
大部屋に2年生と3年生の25人も押し込まれましたw
 
 
(うっわぁ。こんな大勢の前じゃ歌いたくねーよww)
 
 
さっそくひとりめの犠牲者が。
アジカンの「リライト」を3年生の誰かが勝手に入れて
いじられキャラのつよし君にマイクをまわしてきましたw
 
 
最初は嫌がってましたが、曲が始まれば熱唱ww
 
『去年のカレンダー、日付けがないよ』
 
    「みんなドリンクバーいこーぜwww」
 
『消してリライトしてぇぇぇぇぇぇぇ』
 
       「アイスも食べ放題?!」
 
『くだらない超幻想!!』
 
   「つよし歌ってるうちに取ってこようぜ」
 
『忘れられぬ存在感を!!!!!』
 
・・・ぞろぞろ(みんな部屋から出ていく)
 
部屋に残ったのは3~4人だけ。
さすがいじられキャラです。
 
 
次の犠牲者は
焼き肉で肉を焼く係を押し付けられていた
ひろと君。
 
 
『こなぁぁぁぁぁあゆきぃぃぃぃぃぃ』
 
 
 
そしてまた何の曲か忘れたけど
つよし君が歌わせられてましたw
25人もいるのにもう2回目www
 
 
 
    「おいSabobo!!エヴァ歌えよ!!!」
 「おーい次、残酷な天使のテーゼね」
  「Saboboガンバレww」
 
(おいおいこんな大勢の前で歌える訳ねーだろ・・・)
 
 
(うわぁマイク回ってきたorz)
 
 
(この流れは歌わなきゃ駄目な感じだよな・・・)
 
 
 
 
『ざーんーこーくな、天使のように、しょーおーねーんよ、神話になれぇーーー』
 ~
『ひーとはあーいをつむーぎながぁら、歴史をつくる』
 ~
『悲しみがそして始まる』
 ~
『少年よ神話になれッッッ!!!!!』
 
 
 
「やべぇSabobowwww」
     「よくやった!!!!」
   「いいぞいいぞww」
「2番まで歌うとはww」
 
なぜか一番の大喝采ww
 
「Saboboにおいしいところ持ってかれたぁぁ!!!」
 
 
 
カラオケは得意じゃないし
大勢の前は苦手なので
最初のほう声震えてたし、顔が引き攣ってましたww
 
まぁ、躊躇いも無く歌ったのは
ただ単に「残酷な天使のテーゼ」を歌いたかったからなんだけどねw
 
 
 
「じゃあ次、創聖のアクエリオンね」
「いや、もういいですw」
 
 
 
次にS野君が後輩を巻き込んで「青春アミーゴ」を
テーブルをステージに見立てて踊りながら歌ってましたw
 
 
『Siー、おーれたちはいつでぇも、2人でひとつーだっーぁた』
 
 
 
 
 
 
 
 
 

久しぶりの
自分が受験生だということを忘れられた
楽しいひとときでした。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年10月 »