« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の記事

今更修学旅行記録

修学旅行初日の日記(http://sabobo.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_d04e.html)を書いてから随分時が経ってしまいましたが
記憶の薄れないうちに(とっくに薄れてるけどw)
2日目以降も一応書こうと思います(^_^;)
 
 
※ ※ ※ ※ ※
 
 
━━修学旅行2日目
ホテルの3人部屋。
修学旅行初日の夜は夜中まで“64スマブラ爆弾祭”を開催していたため
朝は眠いったらありゃしない。
 
 
スマブラ爆弾祭のルール(勝手に作った)
・使用キャラはリンク
・ステージはハイラル城(竜巻が)
・アイテムはボム兵only(出現率はたくさん)
・技は爆弾(下Bボタン)だけ
・99騎
・吹っ飛び率200%
・シールド禁止
・爆弾orボム兵以外の攻撃を行った場合強制自殺

 
 
ちなみにこれは意外と面白いです。
99騎もあったら流石に飽きるだろう・・・とか思ってたけど、ちゃんと最後までやりきりましたww
ボム兵を手に持ち、敵に特攻!!
「私が死んでも代わりいるもの・・・」
98人も。
 
 
 
そして朝。
トイレ行って、顔洗って
大乱闘スマッシュブラザーズ。
 
 
この日は大阪。
吉本新喜劇で本場のお笑いを鑑賞。
出てくる芸人はあまり知らない人ばかりだったけれど
“期待してなかった割におもしろかった”です(ぇ
 
 
面白いんだけど、眠気に負けてウトウトしちゃいました。
爆笑の渦が起きる度に
「え?今みんな何で笑ってたの??あ~あ。ちゃんと聞いてればよかった・・・。」
と、ちょっと後悔。
 
 
その後道頓堀を歩き回りました。
「あっ、グリコだ!!」
「これが例のでっかいカニかぁ。あっちには食い倒れ人形だ!!そっちにはホームレスが!!!」
関東のホームレスも関西のホームレスも大差はないようです(何
 
 
昼飯はもちろん
お好み焼き&たこ焼。
関東のとは全然違う・・・気がした。多分。
 
 
まぁこんな、やっと修学旅行らしい一日でした。
1118guriko1118kani1118kuidaore1118okonomi
 
 
夜はもちろんスマブラとマリオカートww
 
 
※ ※ ※ ※ ※
 
 
━━修学旅行3日目。
U(ユニバーサル)S(スタジオ)J(ジャパン)へ!!
初めてです。
デ●ィズニーランドは飽きるほど行ったことがありますが
USJなんて普段遠くて行けませんもの。
 
 
スパイダーマン,ジュラシックパークにバック・トゥ・ザ・フューチャー!!
E.T.やスヌーピー,ジェットコースターなどなど!!
 
ディズ●ニーランドとはまた違う楽しさ!!!
 
 
一緒に行動した友達の一人に“Aちゃん”という大のスヌーピー好きの男の子がいて
「早くスヌーピーのところ行こうよ!!」
と、大はしゃぎ。
 
 
Aちゃん「スヌーピー♪♪」
『うるさいなぁ。じゃあまずはジュラシックパークいこー。』
A「早くスヌーピーに会いたい♪」
『・・・Aちゃんだけスヌーピーの所に置いてこっか?』
A「・・・。じゃあこれ乗ったら次、スヌーピーね!!!」
『えぇ~。しょうがないなぁ。』
 
 
その後、USJ内のスヌーピーショップみたいなところで
彼はスヌーピーの大きなぬいぐるみ(確か6000円くらいの)を買ってました。
 
 
Aちゃん「もっとでっかいスヌーピー買いたかったなぁ。。。」
彼はスヌーピーの為に一体いくら持ってきてたんだろうか・・・。
 
 
 
 
USJはとても楽しかったです。
また来たい!!ってほどでもないけどw
 
 
※ ※ ※ ※ ※
 
 
━━修学旅行4日目。
この日は川下り。
嵐山の保津川で。
船頭さんの漕ぐ船に乗ってゆっくりと川を下りました(たまに激流もあった)。

HuneGekiryu
 
 

Sugi

↑川くだりにて。春になると花粉を撒き散らす杉の木。
宿命の大敵さえ綺麗に見えてしまう不思議。
071026_142401 
↑竜安寺にて一息つく。
1864 
↑夜はやっぱり64。
 
 
※ ※ ※ ※ ※
 
 
━━修学旅行5日目(最終日)。
前日、寝なさ過ぎて(主に64が原因)座るところがあれば即寝てしまっていた。
18byoudou 
↑平等院
ここでは歩きながらでも寝そうだった。
何度友達に起こしてもらったことやらww
18maccya 
↑抹茶と抹茶のお菓子(食べかけ(かなりおいしかった))
有名な店だったらしいです。それにしても抹茶ってまずいww
店のマーク(?)が地図記号の「∴(茶畑)」の由来だとか。真意は不明。
しかもテレビで何度も取り上げられている!!
 
 
と、店長が自慢していました。
18kyototawa 
↑京都タワー
東京タワーと比較しちゃだめだよね。

Densya_2

↑某電車の壊れた車内デジタル掲示板
いったいこの電車はどこ行きなのだろうかw 
 
 
 
 
この修学旅行はUSJと64のためだけのものであったと言えるかもしれない。
 
 
関西で過ごした5日間、本当に楽しかった。
とっても有意義だったし、得たものは大きいと思う。
何よりも、ホテルでシャワーの蛇口をぶっ壊す経験なんて滅多に得られないさ。

人気blogランキング

クリックしてくれるともっとやる気が出ます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

マックラップ

片手に持ったらホップ、ステップ、ラップ♪
ワンハンドスタイルの新習慣★
 
 
先日、世に姿を現したマクドナルドの新商品「マックラップ」!!
 
 
CMでやっているようにスケボーに乗りながら片手にはマックラップという
食べやすさ!気軽さ!
 
 
そして、片手で食おうとしたけど、上手くいかなくて
結局両手で食ったマクドナ●ドアルバイト店員Saboboです。
こんばんは。
 
 
 
 
 
もう、みなさんは食べました?
発売開始が一週間以上前ですから、食べた方も多いと思います。
それにしても“新商品”ってなんだかんだで買いたくなっちゃいますよね。
 
 
というか「新」が付くものって“良い”ものばかりです。
新品の靴・・・新鮮な魚・・・新型PSP・・・とか新婚夫婦とか新茶とか
新世紀エヴァンゲリオンとか!!!
 
 
特に新商品というのは未知のもの、未だかつて経験していないものであるので
美味しかろうと不味かろうと「とりあえず買って食べてみよう」という気持ちになりますからねぇ。
(そこが企業戦略ww)
 
 
コンビニではそれが特に顕著。
販売スペースも限られてますから、常に置かれている商品は凄い(=売れてる)ということ。
売れなければすぐに次の新商品に入れ替わる。
「これ、いけるんじゃね?」という商品から「さすがにこの味はないだろww」という商品まで、どんどん出てきています。
まるで次々と使い捨てられるお笑い芸人のようn(略
 
 
コンビニ内で一年間でひとつの企業が何百、何千と新登場させる中で
定番化される商品数はわずか数種類だそうです。
そんな宝くじを当てるような(宝くじは断然もっと低いけど)確立の中で
新商品の開発にかかる金は馬鹿にならないでしょうが
ひとつでも常に置かれるようになる(=定番化)方のが企業にとって利になるのです。
 
 
 
 
 
と、話がずれましたが
マックラップの話に戻ります。
 
 
新商品だからって高けりゃ誰も買いはしない。
最初はとにかくプロモーション(=宣伝)が大切。
とにかくたくさんの人に食べてもらうために、値段は安めに。
後々のリピート客を得る為に。
 
 
マックラップはクーポンを使えばたったの160円!!
俺にとっては160円も!?だけど(ぁ
 
 
友達の声を聞いてみた。「マックラップってどうよ?」
「普通に美味いよ」
「エビよりチキンだな」
「値段の割にちょっと小さいと思う」
「・・・マックラップって何?」
「そんなことより、次の授業って何だっけ?」
 
 
 
全体的にはまぁまぁ好評のようだ。
 
 
 
ところで、俺はマックのアルバイトである。
マックラップを食べる側でもあり、作る側でもある。
 
 
 
 
 
「あの・・・マックラップまだ作ったことないんですけど(汗」
「Sabobo君、まだマックラップのトレーニング(作る練習)やってないんだって!!」
「えぇーー!?」
 
 
それもそのはず。
修学旅行や、店側のスケジュールの都合で、昨日は実に2~3週間ぶりのバイトだったのだ。
 
 
しかもそれがちょっと混み合う時間帯。
注文の半分がマックラップというくらい。
 
 
「今から教えるからすぐ覚えて!!」
「はい・・・」
 
 
「まずはトルティーヤ(周りを包む生地)を2秒間蒸す。
紙を準備しておいて、そこに(生地を)広げてソースを8cm。
そこにレタスを15g細長く乗せて、その上にチーズ。
最後に半分に切ったチキンを乗っけて。
少し強めに包んで、こうやって巻いて、完成!!
簡単でしょ?」
 
 
 
一見、簡単だ。
しかし・・・
・・・いや。難しい。
それでもとにかく、てこずりながらも作らなければならない。
 
 
 
「ほら!客を待たせてるんだから早く!!」
 
 
「チーズ忘れてるよ!」
 
 
「・・・あと私がやるから、次の(バーガー)作って。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もうマックラップなんて大っ嫌いだ(泣

人気blogランキング

(もちろんマックラップを食べるのは嫌いじゃないww)

| | コメント (28) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »